オナ電にはどんな女の子がいる?

オナ電に限らず女の子には、本当に色々なタイプの子が居ます。
ここでは、そんな女の子の例を体験談の形で幾つか御紹介いたします。

まず、最初は恋人が欲しくて参加したチャットで、何度か話す内に相手も好意を持ってくれた様で、ポイントが無くなるのを気に互いのメールアドレスの交換をしました。※1

その後は、メールでチャットと変わらず御互いに連絡を取り合って楽しく過ごしていたのですが、諸事情で実際に会う事は一度もなく気がついたらメールさえしなくなっていました。チャットからカップルが生まれる可能性は全くない訳ではありません。
しかし、メールアドレスを交換しても、まるで色恋を営業の様な感覚で行っている女の子も居ます。

※1.サイトによっては恋愛事項を禁止している場合もあるので、事前に規則確認をして下さい。

次は、テレビと女の子の話です。その女の子は、チャット中にも関わらず、何かが気になるのか余所見をしてばかりでした。
男性は余所見の理由を聞いてみると、女の子は部屋でテレビを見ていると云いました。男性は折角、自分と話しているのだから出来ればテレビより自分との会話を楽しんでしてほしいと云いました。
しかし、それでも女の子は男性が言った後も、余所見が絶えなかったそうです。
男性的に外見がとても好みだったので、もっと話したかったのですが、女の子はテレビの方が気になったらしく早々にチャットも思ってしまったそうです。

どんなテレビかは分かりませんが、その子にとって自分を選んでくれた男性より気になる内容だったのでしょうね。

また、寂しがり屋でいつも話し相手が欲しい女の子など、悪気は無くても対応に困る子も居るには居ます。例えば、一見して寂しげな雰囲気をしている子で、予定時間が終って男性が退室しようとしても色々と話題を出して退室させてくらない。
これは、運営側の指示などではなく、純粋に本人が「寂しい」という理由だけやっていることです。
更には、男性が諸事情でもうチャットに参加できない事を告げると、その子は以前に互いの住んでいる場所が関西と関東という、とても遠い事を知っているにも関わらず、男性に「自分は東京の何処こそで待っている」と告げました。
寂しい故にとった行動なのでしょうが、これは正に「滅茶苦茶」です。これは男性にとって嬉しい同時に対応に困る事でもあります。

その他にも、チャット中には様々なハプニンが起こったりします。
例えば、女性と話している最中に、その女性の彼氏や子供が画面に映る。一見して、男性にしか見えない「チャットガール」との遭遇。
もしくは、キーボードを片手だけで打つ事に拘る女性など、オナ電には個性的な人も参加している場合があります。

ちなみに、私事ではありますが、私がオナ電に参加して携帯のアドレス交換をしたのは1人、実際に外出して会った事のあるのは0人です。

オナ電サイトの特色

利用者の獲得を目指しているサイトにとって、オナ電を主軸にしているサイトに限らず、特徴を全面に押し出している所は少なくありません。
しかし、サイトによっては成人向けの内容を禁止している所もあります。逆に、そんな表現や映像の配信を売りにしているサイトも多数あります。

基本的に、異性を興奮させる内容が禁止されているサイトでは、映像を配信しながら待機している女性は普段着でチャットに参加しています。
サイト側でも刺激的な行為や内容を求めてはいませんので、街中で友達と話す様な感覚でオナ電を楽しむのが主な目的です。

なので、参加する男性側もアダルト禁止のオナ電では、癒しや楽しく女性と会話したいという方が来ます。女性側も、そんな男性と話す事を前提にしているので、世間話の様な会話をする事が殆どでしょう。

逆に、刺激的な行為を売りにしているサイトでは、女性側は室内でも下着や異性を意識した薄着をしている方が多いです。
また、男性が濃い内容の会話をしてきても平気という女性が待機しています。しかし、オナ電では男性側でありがちなマナー違反があります。それは、入室して直ぐ女性に服を脱げと強要する事です。

これは、相手の女性を怖がらせるだけなので、絶対に止めてください。そのようなマナー違反をしなければ、特にルールはないので、会話をしているうちに仲良くなり、良い雰囲気になれば刺激的な映像を配信してもいいサイトはあります。
女性によっては、自分が学生時代に実際に着て居た制服等でコスプレなどをして、映像を見ている方を楽しませくれる場合もあります。

ですが、オナ電の基本として、サイトの違いがあっても男女が二人だけで会話をするので、お互いに気が合う相手が見つかれば、リアルタイムで映像を通して話しているのですから、色々な話題で会話を盛り上げれるのは良いことです。
 
他にも稀にですが、ネットやレンタルショップに置かれている成人向けのビデオに出演している女性のみを話し相手に選べるサイトや、コスプレした女性だけを待機させているサイトなど様々な種類がネットには存在します。
なので、男性がオナ電を始める時は、自分が女の子とどんな事をして楽しみたいのかをハッキリさせてから、自分の要望に合うサイトをインターネットを通して探してみると良いでしょう。
若しくは、順番にオナ電を扱っているサイトを見て回り、自分の気に入った女性がいるサイトを探すのも一つの方法です。
そして、この子と是非とも喋ってみたいと思ったらポイントを購入してするのが一番です。